赤ちゃんが食品アレルギーになったとき気を付けたいこと!


赤ちゃんと食品アレルギーについてまとめています。




a5.jpg


食物アレルギーとは、特定の食品を口にしたり触れたりする事により、
様々な症状を引き起こす事をいいます。


例えば、よく見られる症状として、皮膚疾患
(じんましんや蚊に刺されたような跡になる)や
下痢や嘔吐、腹痛があります。


特に症状が重い場合は、呼吸器にも影響を与える場合もあり
咳やゼイゼイといって音が出てしまう事もあります。


また、アナフィラキシーショックと呼ばれる症状を起こす場合もあります。
これは、意識消失や血圧の低下など命の危険にさらされる重篤な症状です。


呼吸器に影響が出ているもしくは、アナフィラキシー状態にあるという場合は、
至急病院に向かう必要がありますので、救急車を要請が必要です。

アレルギーを発症しやすい食品

アレルギーを発症しやすい代表的な食品として、
卵、乳(牛乳、乳製品等)、小麦、大豆、そば、落花生などがあります。


本来なら害のないはずの食べ物で
どうしてアレルギー症状が出てしまうのでしょうか。


私たちは体を守る為に免疫というシステムが備わっています。
この免疫というシステムが、対外から来た病原菌などから
体を守る役割を果たしています。


実は、この免疫がある特定の食べ物に対して異物だと認識してしまったり、
過剰に反応してしまうとアレルギー反応として様々な症状があらわれてしまいます。

もしかして、アレルギー?と思ったら

まず、食物アレルギーかもと思われる症状が出た場合、
一番気をつけたいのが呼吸の状態です。

赤ちゃんが咳してないか?
ゼイゼイ言っていないか?を確認しましょう。


もし、赤ちゃんの呼吸に何らかの影響が出ている場合は、
すぐに救急車を要請しましょう。そのほかの症状の場合でも
出来るだけ早く病院を受診する必要があります。


受診した際、

  • いつ頃に?
  • 何を?
  • どの位の量を摂取?
  • 摂取してからどれくらいの時間で症状が現れた?

などを詳しく医師に伝える事により、診断の目安になります。
日頃から食べたものを離乳食が始まったら、
日記にしておくのも良い方法の一つです。

少しでも多くの情報があれば、食物アレルギーの検査が必要かどうか
医師は判断する事が出来ます。